アルメニアの医療制度 Health Care Syste

アルメニアの医療制度は3つの基礎レベルで構成されています。1つ目は国家又は「共和党」レベルで、三次医療病院や疫学治療施設を指します。2つ目は地域レベルで、ここでは病院を扱います。3つ目は地方の自治体レベルで、診療所などの一次医療を提供します。

この医療制度で鍵となるのは、大きな私立病院の存在です。両親のいない18歳未満の青少年や障碍者、政治弾圧を受けた被害者、軍関係者、妊婦、人身売買の被害者や7歳未満の子供など、社会的弱者や特殊な社会的グループに属する人でも医療サービスを受けることが出来ます。

こういった人々は薬の支払いがいらないか、割引を受けることも出来ます。医療制度そのものは定期的に改良・改善されており、心臓手術、セラピー、歯科などの専門医療も国を挙げて改善されています。2012年には必須加入の医療保険制度が始まり、医療制度の改良を後押しするようになりました。また、新しい制度が始まった頃、公務員は政府の提供する社会保障の一部として医療保険を受け取り、以降大きな成功を数多く収めました。

  • ノルク・マラシュ心臓病センターは、心臓手術の要として国際的にも重要な役割を持っており、中東や独立国家共同体諸国から患者を受け入れています。全世界に居住するアルメニア人のネットワークを使った国際支援や交流は、医療技術を向上させ、新しい治療法を導入するなど大いに貢献しています。

エレバン医大では、数多くの留学生を医師として養成しています。比較的手ごろな値段と経験豊富な専門家から、アルメニアの医療制度は高度な質を保っており、将来的にこの地域でトップの医療提供国になると期待されています。