アルメニアの天然資源 Natural Resources

アルメニアは山に囲まれた国であるため、金・銀等の貴重で採掘の難しい金属だけでなく、鉄・銅・鉛・亜鉛・アルミなども豊富に蓄えています。特に多くの鉄と銅は国外へ輸出されます。

国内には30以上の金属鉱山を含めて670以上の鉱山があり、国によって鉱物資源として登録されています。約400ほどが開発されており、22の金属鉱山が対象となっています。金属鉱山は国南部のカジャラン、ダスタケルト、アガラクで運営される銅鉱山が4つ、SodqとMeghradzorが運営する金鉱山が14、他にも金を含めた多金属鉱山や、銅鉱山、アルミニウム鉱山などです。アルメニアの領土は保有する金属によって、Alaverdi-Kapan,、Pambak-Zangezur、Sevan-Amasiaという3つの地域に分かれています。

アルメニアはまた世界でも稀なほど多様な非金属鉱山を保有しており、ほぼ全種類の鉱物岩を採掘できます。ここで取れる大理石、凝灰岩、パーライト、ゼオライト、スコリア、玄武岩、花崗岩、閃長岩、大理石などの資源は、広く建設に使用されています。それだけでなく、珪岩、炭酸塩、ベントナイト、珪藻土、石膏などの非金属鉱山は、アルメニアの鉱業産業でも重要です。

アルメニアはミネラルウォーターの生産も豊富な国です。セヴァンやハンカヴァン、アルズニなどは世界でもその薬用特性から有名な生産地として知られています。