アルメニアの県 Regions

アルメニアの県 Regions

アルメニアの行政区画(県)はマルズと呼ばれ、アラガツォテン、アララト、アルマヴィル、ゲガルクニク、ローリー、コタイク、シラック、シュニック、バイヨッツ・ゾル、タブッシュ、そしてエレバンの計11県で構成されています。

アラガツォテン
アルメニアの7%の2753平方キロメートルを占め、市が3つ(県庁アシュタラク、タリン、アパラン)と111の村が存在します。主要な経済基盤は製造業と農業で、この地方の地理と気候は穀物や芋などの農産業だけでなく酪農にも適しています。

アララト
アルメニアの7%を占める2096平方キロメートルから成り、4つの市(県庁アルタシャト、アララト、ベディ、マシス)と99の村が存在します。この地方は果物・野菜の生産とワインの製造に特化しています。

アルマヴィル
アルメニアの4%である1242平方キロメートルから成り、市が3つ(県庁アルマヴィル、メツァモル、バグハルシャパット)と93の村が存在します。農業と製造業が盛んで、気候や地理もこれらに適しています。製造業は食品・飲料品加工や建設物資製造が中心です。アルメニアの電子力発電所が県庁に位置し、国全体の約40%を賄っています。

ゲガルクニク

アルメニアの18%を占める5348平方キロメートルで、5つの市(県庁ガバル、セヴァン、マルテゥニ、バルテニスなど)と87の村があります。アルメニア最大の湖であるセヴァン湖は県庁のガバルにあります。農業、酪農、漁業、鉱業が盛んで、鉱山では金、白雲石、玄武岩などが発掘されます。ここで獲れる魚はアルメニア国土全体に出荷されます。

ローリー
アルメニアの13%である3789平方キロメートルから成り、市が8つ(県庁バナゾール、スピタク、タシール、アラベルディなど)と105の村があります。農業と鍛冶が主な産業で、穀物、野菜の他にも酪農を 生産しています。

コタイク
アルメニアの7%の2089平方キロメートルのコタイクには、7つの市(県庁フラズダン、アボビヤン、チャレンツァバンなど)と60の村が存在します。この地方のブジニとアルズニはミネラルウォーターの名産地でもあります。主な産業は食品・飲料品製造とガラス・セメント製造、鍛冶及びかぐ生産です。また大きな養鶏場が3つあり、他にもこの方にある2つの電力発電はアルメニアの主力なエネルギー供給源となっています。

シラック

アルメニアの9%、2681平方キロメートルであるシラックには、3つの市(県庁ギュムリ、アルティク、マラリク)と116の村があります。グルジアへの鉄道と高速道路、及びトルコへの鉄道・道路はここを通っています。食品・飲料品製造と非金属鉱物加工が盛んです。

シュニック
シュニックはアルメニアの15%である4506平方キロメートルから成り、7つの市(県庁カパン、ゴリス、シシアン、メグリなど)と102の村があります。鉱業と電力生産が主流ですが、穀物に特化した農業と酪農も盛んです。