多国間および二国間条約 Multilateral and Bilateral Treaties

アルメニアの市場は成長しており、貿易や投資の機会に溢れています。相互投資を促進し、保護するアルメニアの貿易協定は、ビジネスや投資環境の鍵となります。アルメニアは相互促進と投資保護を目的に39の国と二国間条約を結んでおり(表4を参照)、現在さらに24国と協定を結ぶよう交渉しています。

アルメニアは、投資紛争に関する国際条例に調印しており、また2012年には35の国と二十重課税防止条約を結んでいます。(表5参照、現在準備中) これらの条約によって、外国の税務当局から居住文書が容易に提供できるようになりました。

この条約は、地域の企業が外国税務当局が発行する適切な居住証明書を取得した際、自動的に適用されます。アルメニアは積極的に地域貿易統合に関与しており、自由貿易協定をベラルーシやカザフスタン、キルギス、モルドバ、ロシア、タジキスタン、トルクメニスタン、ウクライナを含むほぼ全ての独立国家共同体の国およびグルジアと結んでいます。

アルメニアは投資家の権利保護に関する独立国家共同体多国間条約と、関連国の間でなされる貿易の手数料を減らすための自由貿易地域条約に調印しています、また、アルメニアは世界貿易機関のメンバーでもあります。

アルメニアは他にも国際通貨基金や世界保健機関など多くの国際機関の一員でもあります。現在アルメニアはEUと高度かつ包括的な自由貿易地域(DCTA)の連合協定に関して積極的に交渉しています。