経済自由区域 Free Economic Zones

アルメニアの経済自由区域では、経済の戦略分野で事業を確立する機会を設け、物資の生産・処理・輸出を行いやすいよう、税負担を減らしています。経済自由区域では、制限なしで物資を5億人以上の国際市場に輸出できるようになっています。「経済自由区域法」と課税立法により、所得税、固定資産税、付加価値税、経済自由区域内の事業会社への関税支払い義務と税法助成金は免除されます。

経済自由区域内では、区域内の企業や会社に対し以下のインセンティブが与えられます。

  • 区域内でサービスを提供し、物資の供給する場合は付加価値税がかかりません。
  • 法人および経済自由区域内の事業者や主催者として機能する個人事業主に対しては、所得税の非課税利益が得られます。
  • 区域内に所有または貸与している公共産業用建物および施設には、固定資産税が免除されます。
  • 由区域への輸入」制度に基づいて物資が輸出された場合、またその物資生産のために必要な製品の製造に対し、その通関手数料の免除および非課税規制措置が適用されます。
  • アルメニアの国の通貨しか使用できない他の地域とは異なり、経済自由区域内では交換手段として他の国の通貨を使用可能。

経済自由区域内で国家機関によって提供されるサービスは「ワン・ステップ・ショップ」制度で実施されています。また、経済自由区域は近い将来2つ実装されることになります。1つはズヴァルトノツ国際空港近くのエリアで、農業部門を取り扱います。ここでは野菜や果物の貯蓄・等級評価・冷凍およびパッキングがなされます。

もう一つはRAO Mars Closed Joint-Stock Companyとエレバン数理機械研究機関の領地に設立された経済自由区域でここでは機械や精密エンジニア、医薬品、バイオテクノロジー、情報技術、代替エネルギー、工業デザインや通信制度などの最新テクノロジー輸出が対象になります。